スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

KAGEX講座(13) - レイヤ表示位置(xpos, ypos)

前回 KAGEX講座(12) - レイヤ表示位置(afx, afy, orx, ory)
前回からつづきましてレイヤの表示位置について解説します。

「回転原点」と「表示原点」では、レイヤ表示位置を計算する原点座標をレイヤごとに指定します。
※これはあまり変更しないほうがいいです。

「xoffset」と「yoffset」では、全てのキャラクタレイヤで共通のオフセットを定義します。
envinit.tjsで指定した数値だけ表示位置がずらされます。
※xoffsetは紹介してませんでしたが、yoffsetがy軸方向に対してずれるのに対してxoffsetはx軸方向にずれます。
※xoffsetとyoffsetはキャラクタレイヤだけに適用されるので注意。背景などはずれません。

xpos、ypos
今回紹介する「xpos」と「ypos」では、レイヤの表示位置をレイヤごとに指定することができます。
@道路
@しおり show
キャラクタを表示[l][r]

@しおり xpos=-100
キャラクタをずらしました[l][r]

@しおり xpos=100
キャラクタをずらしました[l][r]

@しおり xpos=0 ypos=100
y軸方向にもずらしてみる[l][r]

@道路 xpos=100
背景もずらせます


xposにマイナスの値を指定すると左、プラスの値を指定すると右にずれます。
yposにマイナスの値を指定すると下、プラスの値を指定すると上にずれます。

以下図解
↓表示位置をずらさない場合
charorigin.png
↓yoffsetで240ずらす
yoffset.png
↓xposで-100ずらす
xpos.png

positions
いちいちxposとyposを数値で指定するのは大変なので、envinit.tjsで定義しておくことができます。
%[
    times : %[
         : %[
            prefix : "01",
        ],
         : %[
            prefix : "02",
        ],
    ],    
    defaultTime : "昼",
    
    stages : %[
        道路 : %[
            image : "_bg01_TIME",
        ],
    ],
    
    levels : [],
    
    yoffset : 240,
    
    characters : %[
        しおり : %[
            poses : %[
                通常 : %[
                    image : "Rsiori_DRESS_n_FACE_0",

                    dresses : %[
                        夏制服 : "s",
                        冬制服 : "w",
                    ],
                    defaultDress : "s",
                    
                    faces : %[
                         : "k",
                         : "d",
                    ],
                    defaultFace : "k",                    
                ],
                直立 : %[
                    image : "siori_DRESS_s_FACE_0",
                    dresses : %[
                        夏制服 : "s",
                    ],
                    defaultDress : "s",
                    faces : %[
                         : "k",
                    ],
                    defaultFace : "k",
                ],
            ],
            defaultPose : "通常",
        ],
    ],
    
    transitions : %[
        tr_cross : %[
            time : 1000,
            method : "crossfade",
        ],
        tr_round : %[
            time : 1000,
            method : "universal",
            rule : "mask_round",
            vague : 100,
        ],
        tr_scroll : %[
            time : 1000,
            method : "scroll",
            from : "right",
            stay : "stayfore",
        ],        
        tr_face : %[
            time : 500,
            method : "crossfade",
            nosync : true,
        ],        
        tr_pose : %[
            time : 800,
            method : "crossfade",
            nosync : true,
        ],
    ],
    
    positions : %[
         : %[
            xpos : -100,
            ypos : 0,
        ],
         : %[
            xpos : 0,
            ypos : 0,
        ],
         : %[
            xpos : 100,
            ypos : 0,
        ],
    ],
];
位置情報はpositionsに定義します。その他の部分は前回までとおなじです。

定義したpositionsはpos属性に指定することで使用できます。
@道路
@しおり show pos=
キャラクタを表示[l][r]

@しおり pos=
キャラクタをずらしました[l][r]

@しおり pos=
キャラクタをずらしました[l][r]


省略記法も使えます。
@道路
@しおり show 
キャラクタを表示[l][r]

@しおり 
キャラクタをずらしました[l][r]

@しおり 
キャラクタをずらしました[l][r]


ただしpositionsに定義した位置情報はキャラクタレイヤでしか使えません。
例えば「@道路 pos=左」などと背景に使うことは出来ません。

これまでの簡単なまとめ。
afx
afy
回転原点。各レイヤごとに指定。画像上の座標。
orx
ory
表示原点。各レイヤごとに指定。ウィンドウ上の座標。
xoffset
yoffset
全てのキャラクタレイヤの位置をずらす。envinit.tjsで定義。
xpos
ypos
レイヤそれぞれの位置をずらす。

他にレイヤ表示位置に関わるものとしてカメラ機能があります。
それについてはまた次回説明します。
次回 KAGEX講座(14) - カメラ機能
スポンサーサイト

タグ : 吉里吉里 KAGEX 講座

カテゴリ : KAGEX

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ

openclose

記事一覧
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。