スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

KAGEX改造 - トランジション拡張(extNagano.dll)

ワールド拡張のトランジションをちょっと拡張してみます。
具体的にはkrkr.STGで配布されているextNagano.dll(ver 1.2.4(RC2)に対応してみます。
KAGなら[loadplugin]タグでdll読み込むだけで使えるんですがワールド拡張で使うにはちょっとだけ改造しなければなりません。

とりあえずextNagano.dllをダウンロードしてきてpluginフォルダにおいておきます。

改造するのはsystemフォルダに入っているworld.tjsです。
323行目あたりのtransitionNameと336行目あたりのtransitionParamの中身を追加します。
var transitionName = %[
    "universal" => true,
    "crossfade" => true,
    "scroll" => true,
    "wave" => true,
    "mosaic" => true,
    "turn" => true,
    "rotatezoom" => true,
    "rotatevanish" => true,
    "rotateswap" => true,
    "ripple" => true,
    // ここから
    "3duniversal" => true,
    "blurfade" => true,
    "scanline" => true,
    "zoomfade" => true,
    "rgbfade" => true,
    "spin" => true,
    "flutter" => true,
    "book" => true,
    "imagewipe" => true,
    "honeyturn" => true,
    "morphing" => true,
    "multiripple" => true,
    // ここまで
    ];

var transitionParam = %[
    "time" => true,
    "rule" => true,
    "vague" => true,
    "from" => true,
    "stay" => true,
    "wavetype" => true,
    "maxh" => true,
    "maxomega" => true,
    "bgcolor1" => true,
    "bgcolor2" => true,
    "mosaic" => true,
    "maxsize" => true,
    "turn" => true,
    "bgcolor" => true,
    "factor" => true,
    "accel" => true,
    "twistaccel" => true,
    "twist" => true,
    "centerx" => true,
    "centery" => true,
    "rwidth" => true,
    "roundness" => true,
    "speed" => true,
    "maxdrift" => true,
    "msgoff" => true,
    "charoff" => true,
    "transwait" => true,
    "showaction" => true,
    "hideaction" => true,
    "wait" => true,
    // ここから
    "type" => true,
    "speed1" => true,
    "s1" => true,
    "accel1" => true,
    "a1" => true,
    "bound1" => true,
    "speed2" => true,
    "accel2" => true,
    "bound2" => true,
    "exponent" => true,
    "blur1" => true,
    "blur1x" => true,
    "blur1y" => true,
    "blur2" => true,
    "blur2x" => true,
    "blur2y" => true,
    "prerender" => true,
    "zoom1" => true,
    "zoom2" => true,
    "derayr" => true,
    "derayg" => true,
    "derayb" => true,
    "deraya" => true,
    "type1" => true,
    "type2" => true,
    "back" => true,
    "alpha" => true,
    "slip" => true,
    "dir" => true,
    "size" => true,
    "order" => true,
    "before" => true,
    "after" => true,
    "count" => true,
    "wavecount" => true,
    "rwdith" => true,
    "maxdrift" => true,
    "roundness" => true,
    "delaylast" => true,
    // ここまで
    ];

「// ここから」と「// ここまで」にはさまれている部分をそれぞれ追加します。
※transitionParamの「// ここから」の前の「wait => true」でコンマがぬけているのでそれもつけてください。
※×「wait => true」 → ○「wait => true,」

これだけです。
あとはdllを読み込めばcrossfadeやuniversalなど他のトランジションと同じように使えます。
extNagano.dllにふくまれるトランジションについての詳細はdll付属のサンプルとtxtを読んでください。


↓サンプルスクリプト。
envinit.tjsはKAGEX講座(4) - 背景表示のものを使っています。
@loadplugin module=extNagano.dll

@道路 time=2000 trans=scanline
背景をscanlineで表示。[l][r]

@ time=2000 trans=spin type1=4 type2=5
背景をspinできりかえ。[l][r]

@ time=4000 trans=multiripple count=5 wavecount=0
背景をmultirippleできりかえ。
スポンサーサイト

タグ : 吉里吉里 KAGEX TJS

カテゴリ : KAGEX

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ

openclose

記事一覧
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。