スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

吉里吉里のタグについて

吉里吉里のタグの基本的なことについて。

タグ名、属性
タグ名はタグの名前です
属性はタグのオプションを指定するものです。
@trans time=0 rule=trans vague=1

この例ではタグ名が「trans」属性名が「time」「rule」「vague」です。


ダブルクォートについて
リファレンス:http://devdoc.kikyou.info/tvp/docs/kag3doc/contents/Tags.html#tag_overview
>属性の値は "" で囲んでも囲まなくてもおなじです。
@trans time=0 rule=trans vague=1
@trans time="0" rule="trans" vague="1"

上の二行はおなじ動作になります。
>ただし、属性の値に空白をふくむような場合は、"" で囲まなければなりません。たとえば、[font face="MS Pゴシック"] です。


エンティティ
リファレンス:http://devdoc.kikyou.info/tvp/docs/kag3doc/contents/Var.html#id339
>エンティティは、& の後に書かれた属性の値の内容を、TJS2 式として実行して、その結果で属性の値を置き換える機能です。
@trans time=0 rule=trans vague=1
@trans time=&100-100 rule=trans vague=&5/5

上の二行はおなじ動作になります。
「100-100」は&がついているのでTJS式として実行され、結果は0となります。
「5/5」についてもTJS式として実行され、結果は1となります。
&のあとにはTJS式なら何でも書けます。

変数も書けます。
@eval exp="f.time = 0"
@trans time=&f.time method=crossfade vague=1

[eval]タグでゲーム変数f.timeに0を代入しています。
※exp属性の値は=をふくむのでダブルクォートで囲んでいます。
二行目のf.timeには&がついているので「f.time」がTJS式として実行され結果は0となります。

[eval]タグのexp属性には&をつけていません。
これはexp属性がもともとTJS式の値を指定する属性だからです。
リファレンス:http://devdoc.kikyou.info/tvp/docs/kag3doc/contents/Tags.html#eval
値の項目がTJS式となっていることに注意してください。
[eval]タグ以外にも[button]タグの「exp」「onenter」「onleave」属性、[emb]タグの「exp」属性などがTJS式を直接指定する属性となっています。


属性値の省略
属性値を省略して属性名だけ書くと自動的にtrueが指定されます。
@current layer=message0 page=fore withback=true
@current layer=message0 page=fore withback

上の二行はおなじ動作になります。

スポンサーサイト

タグ : 吉里吉里 KAG 講座

カテゴリ : KAG

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ

openclose

記事一覧
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。