スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

KAGEX講座(9) - トランジション定義(transitions)

前回 KAGEX講座(8) - トランジション(trans)
前回まではトランジションの度にtrans,time等の属性を指定していました。
今回はenvinit.tjsにトランジションを定義してそれを使うようにします。

早速envinit.tjsを書き換えます。
%[
    times : %[
         : %[
            prefix : "01",
        ],
         : %[
            prefix : "02",
        ],
    ],    
    defaultTime : "昼",
    
    stages : %[
        道路 : %[
            image : "bg01_TIME",
        ],
    ],
    
    levels : [],
    
    yoffset : 240,
    
    characters : %[
        しおり : %[
            poses : %[
                通常 : %[
                    image : "siori_DRESS_n_FACE_0",

                    dresses : %[
                        夏制服 : "s",
                        冬制服 : "w",
                    ],
                    defaultDress : "s",
                    
                    faces : %[
                         : "k",
                         : "d",
                    ],
                    defaultFace : "k",                    
                ],
                直立 : %[
                    image : "siori_DRESS_s_FACE_0",
                    dresses : %[
                        夏制服 : "s",
                    ],
                    defaultDress : "s",
                    faces : %[
                         : "k",
                    ],
                    defaultFace : "k",
                ],
            ],
            defaultPose : "通常",
        ],
    ],
    
    transitions : %[
        tr_cross : %[
            time : 1000,
            method : "crossfade",
        ],

        tr_round : %[
            time : 1000,
            method : "universal",
            rule : "mask_round",
            vague : 100,
        ],
        
        tr_scroll : %[
            time : 1000,
            method : "scroll",
            from : "right",
            stay : "stayfore",
        ],
        
        tr_face : %[
            time : 500,
            method : "crossfade",
            nosync : true,
        ],
        
        tr_pose : %[
            time : 800,
            method : "crossfade",
            nosync : true,
        ],
    ],
];

前回までのenvinit.tjsにtransitionsの部分を追加しました。

次にfirst.ksは以下のようにします。
@道路 tr_round
; @道路 trans=tr_round と同じ
tr_roundで背景表示。[l][r]

@ tr_scroll
; @夜 trans=tr_scroll と同じ
tr_scrollで背景切替。[l][r]

@しおり show tr_cross
; @しおり show trans=tr_cross と同じ
tr_crossでキャラクタ表示。[l][r]

@しおり  tr_face
; @しおり face=怒 trans=tr_face と同じ
tr_faceで表情切替。[l][r]

@しおり 直立 tr_pose
; @しおり pose=直立 trans=tr_pose と同じ
tr_poseでポーズ切替。


実行するとトランジションで画像が表示されます。

transitions定義
トランジションはenvinitのtransitionsに定義します。
ここではトランジションとして「tr_cross」「tr_round」「tr_scroll」「tr_face」「tr_pose」が定義されています。
各定義の中ではトランジションの属性を指定します。
ここでは前回と違い、trans属性ではなくmethod属性でトランジションの種類を指定します。
children属性が使えないのは前回と同様です。
nosync、sync属性を定義する場合はtrueを指定します。ここではtr_faceとtr_poseを非同期(nosync)指定しています。
定義したトランジションはtrans属性に指定することで使用することができます。
実際には省略記法で定義名だけ書けば十分です。

パラメータ上書き
定義の一部分だけを変更してトランジションさせることができます。
@道路 tr_round time=3000
; time属性を上書き
tr_roundで背景表示。[l][r]

@ tr_scroll stay=nostay from=left
; stay属性とfrom属性を上書き
tr_scrollで背景切替。[l][r]

@しおり show tr_cross sync
; nosync属性をsync属性で上書き
tr_crossでキャラクタ表示。

指定しなかった属性は上書きされません。
スポンサーサイト

タグ : 吉里吉里 KAGEX 講座

カテゴリ : KAGEX

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ

openclose

記事一覧
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。