スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

KAGEX講座(8) - トランジション(trans)

前回 KAGEX講座(7) - 非同期動作(nosync)
前回まではフェードのみを使用していましたが、今回はその他のトランジションを使ってみます。

ユニバーサルトランジションで使うルール画像↓
mask_round.png
mask_round.pngとしてruleフォルダにでもいれておいてください。

envinit.tjsは前回と同様なので省略。

トランジションの種類を指定するにはtrans属性を使用します。

@道路 time=1000 trans=universal rule=mask_round vague=100
ユニバーサルトランジションで表示。[l][r]

@ time=1000 trans=scroll from=right stay=stayfore
スクロールトランジションで切替。[l][r]

@ time=1000 trans=crossfade
クロスフェードトランジションで切替。

transにトランジションの種類を指定します。
その他の属性はKAGのものと共通です。(KAGリファレンス参照)
※トランジションの種類はtransに指定するのでmethod属性は使いません。
※「time=1000 trans=crossfade」と「fade=1000」は同じ動作です。

ただしchildren属性は使えません。ワールド拡張のレイヤに子レイヤは存在しないからです。
今までのトランジションはレイヤ一枚ごとに行われています。
複数のレイヤを同時に切り替える方法は次回以降にやります。

extrans.dllがあればそのトランジションも使えます。
※最初からpluginフォルダに入っているのでそのままで使えるはず。

@loadplugin module=extrans.dll

@道路 time=1000 trans=wave wavetype=1 maxh=50 maxomega=0.2
背景をwaveで表示。[l][r]

@ time=1000 trans=mosaic maxmosaic=20
背景をmosaicで切替。

最初に[loadplugin]タグでdllを読み込む必要があります。

使う機会はないかもしれませんがtrans属性はキャラクタレイヤに対しても使えます。
sync,nosync属性も使用できます。

@しおり show time=1000 trans=crossfade
キャラクタ表示。[l][r]

@しおり 直立 time=1000 trans=crossfade nosync
非同期でキャラクタ切替。[l][r]

@しおり hide time=1000 trans=crossfade nosync
非同期でキャラクタ非表示。

ここではcrossfadeしか使っていませんが他のトランジションも背景と同様に使えます。
スポンサーサイト

タグ : 吉里吉里 KAGEX 講座

カテゴリ : KAGEX

コメントの投稿

非公開コメント

KAGEXでの全画面トランジション

KAGEXはもとより、吉里吉里も最近勉強を始めた者です。
利用のハードルの高さを理解しつつ、生産性の高さという魅力にどうしても使いこなせるようになろうと思っています。
貴サイトにて勉強させてもらっています。

さて、ワールド拡張を利用したKAGEXにおけるトランジションですが、記事中にもあるようにchildren属性が利用できなくなってるものと思います。
[begintrans]と[endtrans]を利用することで、背景と立ち絵に対して同時にトランジションをかけることができるのは判りました。
この際、メッセージレイヤが画面上に残ってしまうので、これもトランジションの対象にしたいと考えています。
[begintrans]と[endtrans]の間に[position visible=false/true page=back]を記述することで、同時にトランジションさせることはできるのですが、
1.トランジション後に名前覧が表示されなくなってしまう
2.そもそもワールド拡張されたKAGEXでの作法からは外れている気もする
と、困っています。
何か良い知恵ありましたら、授けていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Re: KAGEXでの全画面トランジション

返事が遅くなってしまいました。

ワールド拡張で一時的にメッセージレイヤを隠すには msgoff タグを使います。
隠したメッセージレイヤは msgon タグで再度表示することができます。
KAGEX 同梱の world.txt に簡単な説明があるので参照してください。
※ラインモードが "none" 以外のときには msgon タグを使わなくても次の文字を描画する前に自動的に表示されます。

No title

丁寧なお返事と説明、ありがとうございます。
txtを熟読すれば判ったであろうことにお手数おかけしてしまいました。
おかげでやりたい表現を実現させることができました。
ありがとうございます!
他にKAGEXについて詳しく言及されているサイトがあまりないものですから、今後も参考にさせて頂きます。
もしかしたらまたお伺いすることもあるかもしれませんが、ぜひまたよろしくお願いいたします。
この度はありがとうございました!
最新記事
カテゴリ

openclose

記事一覧
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。