スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

TJSの演算子について

演算子についてちょっと詳しめに説明しておきます。
とりあえず説明というか定義。
具体例は後で出すので分からんかったら分かったふりしながら読み進めてください。

演算子って何?
演算子(えんざんし、英: operator symbol, operator name)は、各種の演算をあらわす記号・符牒のことである。
コンピュータプログラミングにおいては、主に記号を用いて演算を指示するものが演算子と呼ばれる。(wikipediaより)

要は、「各種の演算をあらわす記号」です。
+ - * / = などなど吉里吉里でも色々つかえます。

演算って何?
計算です。足し算,引き算,掛け算,割り算色々あります。
吉里吉里でいう代入も演算の一種です。

単項演算子?
オペランドが一つだけの演算を表す演算子を、単項演算子という。(同wikipediaより)
例として√(根号)があげられています。吉里吉里では根号を示す演算子はありません。
吉里吉里で使える演算子の例としては単項+演算子があります。

オペランド(被演算子)って何?
演算が作用する対象のことをオペランド(operand; 被演算子、被演算数、引数)という。たとえば、n と 3 との和を表す式 "n + 3" において、"+" は演算子であり、そのオペランドは "n" と "3" である。(同wikipediaより)

二項演算子?
二つのオペランドから一つの結果を得る演算を表す演算子を二項演算子という。(同wikipediaより)
足し算、引き算、掛け算、割り算、代入全部二項演算子です。
「f.a = f.b」ではf.a、f.bと2つのオペランドがあります。
多くの演算子が二項演算子です。

優先順位
演算子には優先順位というものがあります。
優先順位が高い順に演算されていきます。
優先順位の表は載せておきますがどうでもいいです。
・掛け算、割り算は足し算、引き算より優先順位が高い
・代入は優先順位低い
このくらい知っとけばいいんです。
どこから計算されるのか分からん程ごちゃごちゃした式は書かないでください。
分からないならカッコでかこんでおけばそこから計算されます。


実際の式で見てみる
↓の式でどんな演算がされるのか追っていきます。
 f.a = 2 * 3 + 4
一番優先順位が高いのは*です。そのオペランドは2と3なので結果は6。
  ↓
 f.a = 6 + 4
なのでこうなる。
次に優先順位が高いのは+。そのオペランドは6と4なので結果は10。
  ↓
 f.a = 10
次に優先順位が高いのは=。単純代入演算子(=)は、右側のものを左側のものに代入し、結果としては右側のものになります。
  ↓
 10
演算子がないので終わりです。f.aには10が代入されています。


終わり
だからどうした、という話でした。
ですが説明で便利なので、最後の実際の式を見たような書き方で説明することもあります。
そのためだけに書いたといっても過言ではない。
スポンサーサイト

タグ : 吉里吉里 KAG TJS 講座

カテゴリ : KAG

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ

openclose

記事一覧
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。