スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

第2回、同人ゲーム制作勉強会の感想

6月23日のたんすかいさん主催、同人ゲーム制作勉強会に参加してきました。
感想などメモ。

(1)同人ゲームサークルのリーダーの役割仕事 yositaさん
◆テキトーに内容メモ
・ゲームを完成させるには、コミュニケーションとタスク管理が大切!
□コミュニケーション
・コミュニケーション方法 = 対面、電話、Skype、チャット、メール、掲示板など
・メーリングリストと掲示板の併用がおすすめ
・メーリングリスト = ○早い ×すぐに埋もれてしまう
・掲示板 = ○長く続くもの ×ログインがめんどい
・運用のルールを決める
・反応を早くする
□タスク管理
・優先度と期限をつける
・やっぱりコミュニケーションが大事
・mixi、掲示板、aipo、OpenePne、サイボウズ、Redmine、Backlogなど
・Backlogがおすすめ
・バージョン管理システム(Subversion)を使おう

◆感想
コミュニケーション大事だよねーっていう。
自分は外注請ける側ですがメールだけなのは割としんどかったりします。
反応を早くするのも大事です。
どんどん指示や問い合わせなどが来ると、やらねばならぬ気がしてきます。
メール見たらすぐに返した方がいいです。後回しダメです。これは自戒すべきところ。

バージョン管理は使いましょう。
ほとんど自分だけで完結できて、完成したものを送るだけならいいんですが、頻繁にデータやりとりするのにメールのみはムリです。
何らかの譲れぬ信念があってどうしてもバージョン管理を使わないとしても、SugerSyncやDropBoxなどで同期するだけでも全然違います。

コミュニケーションツールで多少使ったと言えるのはサイボウズLiveくらいであんまり良く分からない。
サイボウズLiveはちょっと使いやすいとは言い難かった……。
Redmineは個人でちょっと触ってみましたがよく分からん。
結局はただのツールなので、人間側で運用ルールを決めるのが重要なのだと思います。
プロジェクト管理みたいなのはちゃんと勉強したいんだけどなかなか手が出せてない。

お金なんぼかかるのっていう話もありましたが、同人だとピンキリよねー。
無料でやる人から仕事としてやってる人まで。
仕事としてシステム外注やってる自分ですが、そのお値段は仕事募集ページに書いてます。
http://www.biscrat.com/works/index.html
自分としては破格の安さですが同人サークル側さんとしては高いのかしら。
報酬はそのゲームにかけられる時間に直結するので大切です。
システムの外注を同人で請けてる人をほとんど知らんのでどんなもんなのか分からん。



(2)ノベルゲームエンジンの乗換手順と、「AIRNovel」一押しの理由 ぢょほほんさん
◆テキトーに内容メモ
・『柊鰯』に感激した
・NScripterからAIRNovelに移行
移植自体は簡単だった
・AIRNoverのいいところ
シンプルで分かりやすい
Windows/Mac/iOS/Androidで動く
拡張できる。オープンソース

◆感想
AIRNovel結局ちゃんと触ってない。
以下、無責任にも知らないことを適当にいいます。信じないで自分で調べてください。

AdobeAIRを使っているので多分ActionScriptなのだけど、TJSと似通っているので吉里吉里使ってる人は実は使いやすいかも。
スマフォとかで動かす分には何となく重いイメージが。
とりあえず現在のPCノベルゲームをそのままスマフォで動かそうとするのは無理があると思う。

フレームワーク部分のライセンスがMPLなのが嫌な感じ。
そこからいじった場合は必ずオープンソースにする必要があります。
自分はオープンソースにする方ですが、出す出さないを選べるのは重要よね。出せない部分は当然あります。
吉里吉里でいうKAG相当部分はフレームワークに含まれないらしいのと動的リンクにすればオープンにしなくていいらしいので大体大丈夫なのかな。
公式ページが見た目綺麗なんだけどよくわからん。

モバイル対応はこれから必要なのだけど開発環境揃えるのが大変でなかなか手出せてない。
あちこちで話聞くに、色々不満ありつつも現状ArtemisEngineが一番マシという感触。
個人的にはエンジンから作ってみたい。


(3)KAGEZの始め方 sakano
自分の講演。KAGEZの話をしてきました。
準備時間が取れず、半分くらいアドリブでかなり残念な出来。
当日配った資料は以下のURLからダウンロードできます。
http://www.biscrat.com/krkr/files/tansukai2_handout.pdf

KAGEZ自体が自分の目の届かない所で使ってもらうには早すぎる段階で厳しいものがあります。


(4)シナリオの書き方 yositaさん
◆テキトーに内容メモ
・自宅では気が散る → 外に出て作業(ファミレス、マック
・ポメラがおすすめ。シナリオ書く以外の余計なことができない
・書き上げるコツ
短くても、ありきたりでもいいのでとにかく書く
モチベーションを上げる。立ち絵やCG、曲が出来た、など
・推敲は他人にしてもらう。数日寝かしてから読む。印刷する


◆感想
ちょっと力尽きてた。あんまり内容覚えてない。
シナリオは超重要です。シナリオだけあれば何かしら完成します。
立ち絵もBGMもフリー素材がありますがシナリオ素材はまあ無いので頑張って書くしかない。
色々とハウツー本を読んだりしますが実際にシナリオ書いたことは無いのでなんとも言えない。


(5)懇親会
勉強会終わってからは酒飲んでわいわいする会。
こちらのほうが勉強になったりモチベーションもらったりして大切なのですが省略。
スポンサーサイト

カテゴリ : 感想文

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ

openclose

記事一覧
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。