スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

KAGEZ演出スクリプト概説(8) トランジション2

フェード以外のトランジションの使い方について説明します。

*start|スタート
@  trans=crossfade t=1000
クロスフェードトランジションです。

@  trans=scroll t=1000 from=left stay=nostay
スクロールトランジションです。

@  trans=universal t=1000 rule= vague=64
ユニバーサルトランジションです。

@  trans=mosaic t=1000
モザイクトランジションです。

@  trans=scanline t=1000
スキャンライントランジションです。

@  trans=zoomfade t=1000 zoom1=150 zoom2=50
ズームフェードトランジションです。

@  trans=spin t=1000 type1=0 type2=1
スピントランジションです。
『trans』にトランジションの種類を指定すると、フェード以外のトランジションが使えます。
種類に合わせて、必要なコマンドも指定します。
例えば『scroll』トランジションでは『t』『from』『stay』という3つのコマンドがあります。

大抵のトランジションでは『time』コマンドでトランジションの時間を1/1000秒単位で指定します。
このとき、略記コマンドとして『t』が使えます。『time』と『t』は同じコマンドとして使えます。

また、トランジションの種類に関わらず『s』『ns』で同期/非同期を指定することもできます。


使用可能なトランジションの一部と必要なコマンドは以下に載っています。
http://devdoc.kikyou.info/tvp/docs/kr2doc/contents/Transition.html#id291

トランジションのツールは未完成です。
もうしばらくお待ち下さい。
スポンサーサイト

タグ : 吉里吉里 KAGEZ 演出スクリプト

カテゴリ : KAGEZ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ

openclose

記事一覧
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。