スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

KAGEZ演出スクリプト概説(3) 背景表示

KAGEZの演出スクリプトで使用する画像は主に「背景」「立ち絵」「イベントCG」「その他」の4種類です。
まずはこれらの画像を表示する方法を説明します。
まずは背景画像です。

単純にテキストを表示する以外のことをするには、コマンドを使用します。
「01.ks」を以下のスクリプトに書き換えます。
*start|スタート
@ 
背景画像を表示しました。

@ 
時間を変更しました。

@向日葵 
場所を変更しました。

@
背景を消去しました。
@で始まる行がコマンドです。
背景を表示するには、@に続けて場所と時間を書きます。
場所と時間の間には半角スペースが入ります。

『街』『向日葵』『黒』がサンプルとして登録されている場所になります。
『昼』『夜』は時間です。
場所と時間から、登録されている画像が背景として表示されます。


実際に背景を設定していく際はツールを使用します。
「デバッグ」メニューの「立ち絵ウィンドウ」をクリックすると、新しくウィンドウが2つ出てきます。

小さい方がオブジェクト選択ウィンドウです。
オブジェクトについては後ほど説明しますが、KAGEZではオブジェクトごとのコマンドを使ってスクリプトを書いていきます。

背景を表示するには舞台オブジェクトを使用するので「舞台」をクリックします。
また新しいウィンドウが出てきますが、そのウィンドウから「分類」「場所」「時間」を選んで背景画像を選択できます。
選択された画像は大きなウィンドウ(ビューウィンドウ)の方に表示されます。
ここで実際の画像を見ながら作業することができます。

場所や時間を選ぶと、ビューウィンドウのタイトルバーにその背景のコマンドが表示されます。
そのコマンドを、スクリプトに書き写せばその背景を表示できます。
いちいち書き写すのも面倒なので、場所や時間を選択した際に自動的にコマンドがコピーされるようになっています。
選択したら、テキストエディタにCtrl+Vで貼り付けるだけです。


最後の「@黒」ですが、場所の名前だけで時間がありません。
ツールで見てみるとわかりますが、場所が「黒」の時の時間は「共通」のみです。
時間が共通の場合は、コマンドで時間を省略することができます。


「分類」はツールで使いやすいように分けているだけなので、スクリプト中では使用しません。


次に、新しく背景画像を登録する方法を説明します。
適当な背景画像を準備してください。
背景画像は、「material」フォルダ内の「bg」フォルダにいれます。
「bg」フォルダの中はツールの分類に従ってフォルダ分けされています。
新しくフォルダを作成すれば分類を増やすこともできます。

背景画像は、「bg場所名_時間名」というファイル名になります。
場所名と時間名は好きなものにして構いません。
サンプルとして入っている画像を見れば何となく分かるとおもいます。

画像を追加したら、「tools」フォルダ内の「背景登録.bat」を実行します。
追加した画像の変換及び登録が行われます。
ゲームを再起動して、ツールに背景が追加されていることを確認してください。
素材を追加した場合は、セーブ/ロードではなく再起動の必要があります。
スポンサーサイト

タグ : 吉里吉里 KAGEZ 演出スクリプト

カテゴリ : KAGEZ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ

openclose

記事一覧
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。