スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

KAGEXのススメ

たんすかいさん主催の第1回同人ゲーム製作勉強会でKAGEXの話をしてきました。
その時の講演内容です。
自分が改造したKAGEXの話で、元のKAGEXとは違う部分もあるので注意してください。
スライドも使いましたがよろしくない部分があるので非公開です。
一部、表現など変えてますが内容としてはほぼ同じです。

■イントロダクション
ここではノベルゲーム製作の話をします。
ノベルゲームを作るには、まずシナリオやグラフィック、サウンドなどの素材を作って、それから実際にゲームとして動くようにスクリプトを作ります。
この「スクリプト」の部分について話していきます。


スクリプトの工程では、大抵はノベルゲーム専用の開発ツールを使います。
ツールには吉里吉里/KAGやNScripter、YU-RISなど、おどろくほどたくさんの種類があります。
それら膨大な数のツールから1つだけ選び、実際に使用してゲームを作るということになる訳です。
ノベルゲームを作るのが初めてとなれば、当然どれがいいかわかりません。
ツールを選ぶ、というのがゲーム製作の一つの壁になっていました。
ただし、これは昨日までの話です。

今日は、新しくKAGEXというノベルゲーム開発ツールを紹介します。
KAGEXを使うと、プロレベルのノベルゲームを簡単に作ることができます。
この記事を読んだ方は、どのツールを使うか、もう悩まなくて済みます。
迷わずKAGEXを使いましょう。



■これまでの開発ツールについて
さっそくKAGEXの話をしたいところですが、その前に、これまでの開発ツールについて少しだけ見ていきます。

たくさんある中から、ここでは吉里吉里/KAGとNScripterを取りあげます。
どちらも非常に有名な開発ツールで、多くの同人サークル、企業で使われています。
それぞれ初心者向けの解説本も市販されてます。
本を買わずとも検索すれば解説サイトがたくさん出てきます。

「みんな使っていて、解説も色々とあって初心者でも何とかなりそうだ。
なら、吉里吉里/KAGやNScripterを使えば、新しい開発ツールなんていらないじゃないか。」
そう思うかもしれません。

もちろん、そんなことは無いわけです。
KAGとNScripterには色々と問題があります。
その問題について、2点にしぼって説明します。


1点目として、吉里吉里/KAGとNScripterは非常に古いです。
たしかに昔は凄かった。でも、今となっては時代遅れの骨董品です。
10年以上前、というか20世紀から存在しています。
例えばNScripterで作られた『月姫』は2000年にリリースされてます。
2000年といえば自分はまだ小学生でした。2000円札とか出てました。古すぎ。
もう2012年です。そろそろ21世紀の開発ツールを使ってください。

古いと何が問題かといいますと、KAGとNScripterで作れるのは昔のノベルゲームです。
昔のノベルゲームというのは、背景と立ち絵とテキストをただ表示するだけのシンプルなものです。

最近はノベルゲームといっても演出面、システム面ともにかなり進化しています。
最近のノベルゲームのイメージが湧かない、という方は一度やってみてください。
検索すれば、無料でできる体験版がたくさんあります。
ほとんどは18禁のエロゲーですが見ておく価値があります。
これに慣れると、昔のノベルゲームはプレーするのが苦行となります。

演出面で言えば、立ち絵が動いたり、目パチ口パクがついたり、ボイス再生も当たり前です。
システム面では、名前欄、表情欄がついたり、システムボタンがついてたりします。
スキップ、オートモードなどの基本的な機能すら実は進化しています。
これらをKAG、NScripterで実現しようとすると大変な事になります。
なぜなら、そんな機能が全く無い、ノベルゲームが貧相だった頃の開発ツールだからです。


2点目のKAG、NScripterの問題として、スクリプトがめんどくさいです。
ちょっとサンプルを見てみると、何だかアルファベットが並んでてひどい事になってます。
これを1から勉強して自分で書けるようになりたいと思いますか?

スクリプトを打ち込むのに長い時間をかけるべきではありません。
よく分からないスクリプトの時間は短くして、その分シナリオやグラフィックなどのゲーム内容に時間をかけたいはずです。


ここに、新しい開発ツールを使用する理由が出てきます。
今時のノベルゲームを作る機能がそろっていて、しかもスクリプトが簡単であるような開発ツールが必要になります。
そんな夢のような開発ツールがKAGEXです。



■KAGEXの特徴
KAGEXを使うと、非常に簡単に、プロレベルのノベルゲームを作る事ができます。
その特徴を3点で説明します。


1点目として、KAGEXは今までの開発ツールとは比較にならないほど高機能です。
立ち絵を動かしたり、目パチ口パクをさせたり程度の演出は朝飯前です。
ボイス再生やボイスとの連動機能も準備されています。
システム面でも、非常に広い標準機能の中からゲームの動作を設定することができます。
快適でストレスの無いシステムでゲームを楽しんでもらえます。


2点目として、KAGEXは自由度も高いです。
スキルアップしていけば、ノベルゲーム以外の様々なジャンルのゲームを作れるポテンシャルを秘めています。
ノベルゲームであっても、ちょっとしたミニゲームを付ければ他とは一味違うゲームにする事ができます。
今回は初心者向けなのでこの点についてはこれ以上触れません。


3点目として、これが一番重要ですが、KAGEXでは簡単かつ効率的にゲームを作れます。
ほとんどのスクリプトは日本語です。
覚えることはほとんどありません。
開発ツールがあるので、むしろ覚えなくてもいいです。

効率的、というのも大切です。
最近はシナリオの量も増えて、スクリプトを書いて演出を付けるのも大変になっています。
例えば、あるゲームではシナリオが1000KBあるとします。つまり、50万文字です。
ライトノベル1冊が200KBなどと言われたりしますが、1000KBなら、当然「ライトノベル5冊分」です。
この分量をしっかり読み、解釈した上で演出していく事になります。
ちょっとやってられないです。
これを吉里吉里/KAGのスクリプトでやれと言われたら無理です。
スクリプトを打ち込むなんて無駄な時間は、可能な限り短くするべきです。

KAGEXでは「シンプルなスクリプト」と「開発ツール」の両輪でもって、簡単かつ効率的なゲーム製作を実現しています。


■デモ
(実際にテキスト入力、背景、立ち絵表示、システムなどのデモをしました)
(時間ができたらサンプル動画とか作るかも。とりあえず省略)

以下、箇条書きで書いておきます。
より短い時間で、便利に開発ができるような機能を詰め込んでいます。

・簡単に使えます。
スクリプトは開発ツールが生成します。
背景や立ち絵の画像を選び、生成されたスクリプトをテキストエディタに貼り付けるだけです。
何も知らなくても今すぐ使えます。
期限に間に合わない、となれば人海戦術が可能です。

・ツールとスクリプトの手打ち、好きな方が使えます。
熟練するとツールを使わず、テキストエディタでキーボード入力の方が速いです。

・たとえるとツールはオートマ車でスクリプト手打ちはマニュアル車みたいなものです。
KAG,NScripterではマニュアルを強いられますが、KAGEXではオートマも使えます。
わざわざマニュアルの免許を取るのは大変でした。

・開発中は動作確認のためセーブ/ロードを何度も繰り返しますが、これはマウスの1クリックでできます。
メニューを開いたり、セーブロード画面を開いたりしていると2クリック、3クリックかかります。
時間の無駄なのでやめてください。

・ウィンドウサイズは自由に変えられます。
開発中はゲームウィンドウを小さくすればモニタを広く使えます。

・ツールで実際のゲーム画面を見ながら作れます。位置調整もドラッグでいけます。

・スクリプトの記述量自体が少ないです。
改行、ページ送りごときでキーボードをすり減らすのはやめましょう。
改行はそのまま反映されますし、空行を挟めばページ送りです。
トランジションも自動的に行われます。
無駄にキーボードを打たないでください。

・タイトルやセーブ/ロードなどの画面も簡単に作れます。
専用の画像を用意して、ちょっとだけツールで設定すれば、変換プログラム一発です。
Photoshopのpsdデータから直接、画像や座標データなどを吐き出せばすぐにゲームとして動きます。
どのノベルゲームも、見た目は変わっても動作は変わらないはずです。
KAGEXでは最初から動作するスクリプトが準備されています。
ノベルゲームを作るのに複雑なスクリプトを書く必要は無くなりました。


■まとめ
KAGEXの特徴をもう一度まとめます。
・非常に高機能です。
今時のノベルゲームを作るのに十分な機能が始めからそろっています。
・自由度が高く、色々なゲームが作れます。
興味があればがんばってください。
・簡単、かつ効率的にゲーム開発ができます。
スクリプトではなくゲーム内容に時間をかけられます。

実はもう1点、大切な特徴があって、KAGEXはなんと無料で使えます。
フリーウェアです。
ツールも含めてオープンソースとなる予定です。


ここで残念なお知らせがあります。
今のところ、KAGEXは未完成です。
一部のツールなどができていません。
なので、5月5日のコミティア100にあわせて、ツールも完成させて公開予定です。
コミティアではKAGEXの使い方の解説本も出すので、興味を持っていただけた方はそちらもチェックしてください。
同人サークル「Biscrat」名義でサークル参加しています。(配置は「そ24」です)

最後にもう一度繰り返します。
KAGとNScripterは時代遅れの不便な開発ツールです。
新しい開発ツールであるKAGEXを使ってください。
圧倒的に少ない労力で、今時のノベルゲームが作れるようになります。
スポンサーサイト

カテゴリ : KAGEX

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ

openclose

記事一覧
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。