スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

冬コミ情報その3

明日から冬コミです。全然できてません!

とりあえずKAGEX本のサンプルとして最初30ページ分。
右クリックからダウンロード。
http://www.biscrat.com/krkr/files/kagex_book_sample.pdf
最初のムダ話部分であるのと、SDKもまだ公開していないので何の意味もないんですが。
まあこんな感じの文章になってる程度はわかるかも。
全体としては130ページくらいなのかなあ。どこまで書けるかわからない。

以下まとまらぬけど思ったこと羅列。
頒布前なのに既に黒歴史化してきとる。
ほんと自分で読んでるとゴミみたいな文章に見える。誰得だよっていう。
まあなんというか500円のクオリティだわ。
読者が見えなくなってたのが主な敗因だと思われる。
超初心者向けだった気がするけど、それなら詳しくやりすぎだった。
後半からは説明テキトーになってきてしまっているし。
最初の「char」とか使わずに省略記法から始めてしまってもよかったかもしれん。
使うだけならタグがどうなってるかなんて知らなくてもどうとでもなってしまう。

自分がついてやってもらうのと違って、本1冊でちゃんと伝わるようにするのは本当に大変ね。
そもそも普段TJSでやってしまっている部分が大きくて、KAGEXスクリプトのみでやるノウハウがそもそも無かったという問題が。
実際に使ってるタグなんてほぼenv/stage/char/layer/eventだけだもんなあ。
KAGで400ページの解説本がでてるのにKAGEXを100、200ページ程度で説明できるはずもなかった。

実際にKAGEX使いたいっていう人は大体KAGは使ってる人だと思うんだよね。
その場合はenvinitとかの設定だけ説明して、あとはちゃんとしたサンプル投げるだけで勝手にできちゃうのではないか。
解説本いらねー。

最初からCDで配るつもりならもうちょっとやり方はあったな。気づくのが遅かった。
第2版に向けて課題は山積みだけどまあ冬コミ分なんとかしよう……。
スポンサーサイト

カテゴリ : 告知

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ

openclose

記事一覧
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。