スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

吉里吉里でぃれくたー

ver.0.10だうんろーど
KAGEXのオブジェクトをいじれるツールもどき。
今のところかなり使いづらいです。

動作には .Net Framework 4.0 Client Profile が必要です。

krkrDirecter.png
これからに期待。

続きを閉じる▲

スポンサーサイト

タグ : 吉里吉里 KAGEX ツール

カテゴリ : プラグイン配布

吉里吉里/KAG ラベル記録分割プラグイン SKN_RecordFlagsTJS

バグなど放置中なので非推奨。
本文中にあるリンク先の使ってください。

ダウンロード
KAG専用です。
吉里吉里の起動/終了動作が速くなるかもしれません。

既読ラベルが増えてくると吉里吉里の起動に数秒~数十秒かかるようになることがあるらしいです。
詳しくは→http://www.geocities.co.jp/Bookend/2352/DojinDOC/kirikiriSmallTips.html#slowboot

リンク先だとデータを階層化して読み込み速度を速くしています。
このプラグインではそれに加えて、起動時に全部読み込まずにシナリオファイルごとに読み込むように改良してます。
適当にシナリオファイルが分割してあればこの方式でも問題ないはず。
終了時の書き込みも分割されているので速くなってます。
更新されたようです。
こちらのものを使う理由はありません。



KAGEXでは既読管理がまともになっているのでラベルの大量発生はおこりません。

続きを閉じる▲

タグ : 吉里吉里 KAG プラグイン

カテゴリ : プラグイン配布

KAGEX講座(28) - メッセージレイヤについて(名前表示)

前回 KAGEX講座(27) - ラインモード([linemode])
KAGEXのメッセージレイヤにはキャラクタの名前や表情を表示する機能があります。

イメージとしては↓のようになります。
これにシステムボタンを付けたりもできますが、それは後にまわします。
messagelayer_0.png

メッセージ枠の画像は↓を「frameWithName.png」として使います。
frameWithName.png


名前レイヤ
名前レイヤには喋っているキャラクタの名前を表示します。
名前レイヤの設定は position タグで行います。
;↓ラインモードは none 以外にします。
@linemode mode=vn
;↓メッセージレイヤの設定。
;見やすいように途中で改行してますが、実際は一行で書いてください。
@position visible frame=frameWithName left=0 top=0 width=640 height=480
 marginl=160 margint=350 marginr=20 marginb=20
 nameleft=130 nametop=300 namewidth=130 nameheight=30 namealign=0 namevalign=0
;↓背景とキャラクタを表示
@道路
@しおり show

【しおり】
「メッセージレイヤだよ。」

ただの文章です。

【しおり】
「またセリフです。」
横に長くなりすぎてしまうので position タグの途中で改行しています。
実際には一行で書かないと動かないので注意してください。

メッセージ枠のサイズと位置は↓のようになっています。
fwnSize.png
marginl/t/r/b 属性では通常の文字の表示位置を指定しています。KAGと同じです。
※枠ぴったりだと見栄えが悪いので10px内側にしています。
nameleft, nametop 属性で名前レイヤの位置、 namewidth, nameheight 属性で名前レイヤの大きさ、 namealign, namevalign で名前レイヤの文字の位置を指定します。
namealign, namevalign に0を指定すると、名前レイヤの中央に名前を表示させることができます。
詳しくはリファレンスのpositionタグの欄を参照してください。

【】で囲んだ部分がキャラクタの名前として解釈され、名前レイヤに表示されます。
※ラインモードが "none" のときには表示されません。
囲まれていない部分は通常のメッセージとなります。

続きを閉じる▲

タグ : 吉里吉里 KAGEX 講座

カテゴリ : KAGEX

最新記事
カテゴリ

openclose

記事一覧
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。