スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ : スポンサー広告

一か月経過

アクセス解析設置してから一か月が経ちました。それ見ながら雑記。

am.png
平均すると10uu/dayくらい。自分の黒歴史ホームページ群と比較すると多い方です。

7/7が無駄に多いのとその後の一週間くらいはけいおん効果で水増しされまくり。
けいおんこわ。吉里吉里(笑)とかいうのと明らかに人口が違う……。
k-onkrkr.png
('A`)

それでも思ったよりは吉里吉里関連でとんでくる人が多かった。
しばらく同人ゲーから離れてたので今更吉里吉里なんて使ってるやついるのか疑問だったがまだまだ需要はある模様。
検索ワードに書いてたのについてはそのうちなんとかします^q^

「大戦略web ツール」で来るやつが何気におおい。
うち目当てで来たのかどこか別のやつのついでにひっかかってるのかは知らんが。

スライダはそこそこDLされてたりするのだが使われてるのかしらん。
俺のHDDにも使わないプラグイン死蔵されてるからなー。

続きを閉じる▲

スポンサーサイト

カテゴリ : 雑記

システムメッセージ的ななにか

たまには更新。といっても時間ないので適当に進捗みたいな。
副産物としてシステムメッセージ的なものができました。
サムネイル↓
sysMes.png
文章渡すだけで勝手に表示してくれます。なかなか便利。
後でまとめてKAGプラグイン化できたらいいっすね。
多分コミケ後になると思いますが……orz

タグ : 吉里吉里 プラグイン

カテゴリ : 雑記

KAGのトランジションうざい

レイヤをKAGのトランジション無関係に常に表示したい。
同じ内容で表と裏二枚確保しておくしかないんだろうか。
すごい無駄だと思うんだが何とかならんのか。
何か知ってる人いたらへるぷみー。

あっ。レイヤじゃなくてウィンドウ使えばいいのか。
今から直すのめんどくせえな。とりあえずいいか。

タグ : 吉里吉里

カテゴリ : 雑記

KAGで配列を使う(5) - 二次元配列

前回 KAGで配列を使う(4) - 配列の初期化

KAGで配列を使う(1)で、「配列とは変数が何個もつらなったもの」と説明しました。
配列の変数の中にさらに配列をつくることができます。

; 配列を作る
@eval exp="f.hairetu = []"
; 配列の変数に数字を代入
@eval exp="f.hairetu[0] = 0"
; 配列の変数に配列を作る
@eval exp="f.hairetu[1] = []"
; 配列の配列の変数に数字を代入
@eval exp="f.hairetu[1][0] = 10"
@eval exp="f.hairetu[1][1] = 11"

一行ずつ追っていきます。

 @eval exp="f.hairetu = []"
まずはいつもどおり配列を作ります。

 @eval exp="f.hairetu[0] = 0"
いつもの配列の使い方です。
配列名(f.hairetu)に添え字([0])をつけるとただの変数として扱えるのでした。
特に意味はありませんが、ここではf.hairetu[0]に0を代入しています。

 @eval exp="f.hairetu[1] = []"
f.hairetu[1]も、f.hairetu[0]とおなじく変数です。
変数に[]を代入すると配列をつくることができます。
f.hairetu[1] = []で、f.hairetu[1]が配列として使えるようになります。

 @eval exp="f.hairetu[1][0] = 10"
 @eval exp="f.hairetu[1][1] = 11"
f.hairetu[1]を配列として使っています。
配列名はf.hairetu[1]なので、それに添え字をつけるとただの変数として扱えます。
ここではf.hairetu[1][0]に10、f.hairetu[1][1]に11を代入しています。

一応図示してみると↓のようになります(四角いのが配列、丸いのは変数)
2Darray.png
配列の変数の中にさらに配列が入っているのがわかると思います。

「配列の変数の中に配列が入っている配列」を二次元配列といったりします。
いつも使っていた配列は一次元配列です。

二次元配列の実際の使い道はべつの記事で。

続きを閉じる▲

タグ : 吉里吉里 KAG TJS 講座

カテゴリ : KAG

skn_slider更新 ver. 1.03

ダウンロードはこちら

skn_sliderプラグイン(スライダ生成プラグイン)をバージョンアップしました。

バグフィックス版です。機能的には変更ありません。

タグ : 吉里吉里 プラグイン

カテゴリ : 雑記

pbgmマクロ(3) - 配列の利用

前回 pbgmマクロ(2) - ファイル名を変えてしまう

前回はファイル名を変えて[pbgm]タグを作りました。
今回は配列を利用してファイル名を変えなくても済むようにします。

配列については「KAGで配列を使う(1) - 配列とは?」を参照


配列にファイル名を代入しておき、その配列を使ってファイル名を指定します。
; 配列(sf.music_list)を準備
@eval exp="sf.music_list = ['innocent.oog', 'AtoZ.ogg', 'ASAP.ogg']"
; マクロ定義
@macro name="pbgm"
@playbgm storage="&sf.music_list[+mp.no]"
@endmacro

マクロ定義の前で配列(sf.music_list)を準備します。(KAGで配列を使う(4) - 配列の初期化)
※ sf.music_list[0]に'innocent.ogg', sf.music_list[1]に'AtoZ.ogg', sf.music_list[2]に'ASAP.ogg'が代入されます。
fではなくsfを使っています。セーブデータごとに曲リストは変わらないはずだからです。
これをfにしてしまうと、後でパッチを出して曲リストを変えたときに、困ったことになります。
セーブデータごとに流れる曲が変わったりしてしまうかもしれません。

マクロ自体は前回と同様に簡単です。
配列を使って曲を指定します。配列の添え字は+mp.noとしています。(mpについては⇒マクロでmpを使う)

例えば@pbgm no="1"のとき
sf.music_list[+mp.no]のmp.noは'1'です。
 ↓ []の中が先に評価されます
sf.music_list[+'1']
 ↓ 単項+演算子によって'1'が変換されます(+については⇒文字列を数値に変換する - 単項+演算子)
sf.music_list[1]
 ↓
'AtoZ.ogg'
結局"AtoZ.ogg"が再生されます。

番号ごとに流す曲を替えるには、f.music_listの部分にファイル名を追加するだけなので簡単です。



ところで[eval]タグを使うと、曲数が増えた時にその行が横に長くなって大変です。
そこで[iscript]タグが使えます。([iscript]については⇒[iscript] [endscript]タグを使う)
[iscript][endscript]の間のTJSスクリプトなら、途中で改行することができます。
; 配列(f.music_list)を準備
@iscript
f.music_list = [
'innocent.oog',
'AtoZ.ogg',
'ASAP.ogg'
];
@endscript

このように一曲ごとに改行して書くと見やすいかもしれません。まあ好きなようにしてください。
配列の[]が離れていてわかりづらいですが、最初と最後の[と]がそれです。
]の後にセミコロンを付けるのを忘れないでください。


次回はsf.music_listの中身をテキストファイルから読みだすようにしてみます。

続きを閉じる▲

タグ : 吉里吉里 KAG 講座

カテゴリ : KAG

[iscript] [endscript]タグを使う

TJSを何個も続けて使いたいときがあります。
[eval]タグを何回も書けばいいんですが、なかなか面倒です。
そういう時には[iscript]タグと[endscript]タグを使うことでタイプ量を減らすことができます。

KAGで配列を使う(4)の記事で以下のスクリプトを書きました。
@eval exp="f.hairetu = []"
@eval exp="f.hairetu[0] = 0"
@eval exp="f.hairetu[1] = 20"
@eval exp="f.hairetu[2] = 15"
@eval exp="f.hairetu[3] = 33"

[eval]タグが5つも並んでます。めんどくさいです。
同じページで書いた配列の初期化を使えばいいんですが、説明のために敢えて使いません。

[iscript]タグと[endscript]タグを使うと、[eval]タグを使わずに以下のように書けます。
@iscript
f.hairetu = [];
f.hairetu[0] = 0;
f.hairetu[1] = 20;
f.hairetu[2] = 15;
f.hairetu[3] = 33;
@endscript

[iscript]タグと[endscript]タグの間ではTJSを直接使うことができます。KAGを使うことはできません。
普段[eval]タグのexp属性に指定しているものなら何でも書けます。

それぞれの行の最後にセミコロン(;)がついているのに気を付けてください。
セミコロンは、普段[eval]タグで書いているものの最後につけます。
これは、[eval]タグのexp属性にはTJS式を指定するが、[iscript]~[endscript]間にはTJSスクリプトを書くからです。
そんな理屈はどうでもいいですが、セミコロンを付けるのは忘れないようにしてください。
忘れるとエラーがでます。慣れないと何故エラーが出ているのか見つけるのが大変かもしれません。
気を付けてください。


ついでに言うと、マクロの中では[iscript]タグと[endscript]タグを使うことはできません。
@macro name="テスト用マクロ"
@iscript
@endscript
@endmacro

このスクリプトではエラーがでます。

[iscript][endscript]使用例
pbgmマクロ(3) - 配列の利用

続きを閉じる▲

タグ : 吉里吉里 KAG 講座

カテゴリ : KAG

KAGで配列を使う(4) - 配列の初期化

前回 KAGで配列を使う(3) - テキストファイルの書き込み
配列には値を代入することができます。
その配列を最初に使うときには、一気に値を代入することができます。(初期化)

@eval exp="f.hairetu = [0, 20, 15, 33]"

このスクリプトは以下のものと同じ意味です。
@eval exp="f.hairetu = []"
@eval exp="f.hairetu[0] = 0"
@eval exp="f.hairetu[1] = 20"
@eval exp="f.hairetu[2] = 15"
@eval exp="f.hairetu[3] = 33"

配列の準備をするときに、コンマ(,)で区切ることでf.hairetu[0],f.hairetu[1],...にあらかじめ値を代入することができます。


初期化子([]の中に書いてるやつ。ここでは0 20 15 33)には変数を使うこともできます。
@eval exp="f.a = 0"
@eval exp="f.b = 20"
@eval exp="f.hairetu = [f.a, f,b]"

初期化子にf.aとf.bを使っています。
このスクリプトは以下のものと同じ意味です。
@eval exp="f.a = 0"
@eval exp="f.b = 20"
@eval exp="f.hairetu = []"
@eval exp="f.hairetu[0] = f.a"
@eval exp="f.hairetu[1] = f.b"

簡単でしたが今回はここまで。
配列の初期化使用例
pbgmマクロ(3) - 配列の利用

続きを閉じる▲

タグ : 吉里吉里 KAG TJS 講座

カテゴリ : KAG

吉里吉里/KAG用 スライダープラグイン skn_slider

ダウンロード

吉里吉里でスライダを使うためのKAGプラグインです。
スライダのプラグインがいくつも存在するのは知ってますが、いい感じのが見つからないので自作しました。
といってもある程度吉里吉里使える人なら各自で自作した方が便利なんだろうなとか思ったり。

主な仕様としては
・ベース画像及びつまみ部分の画像を指定してスライダにする。
・水平方向のスライダのみ。垂直方向は未対応です。
・トランジション対応。
・セーブ、ロード対応。
・[tempsave]及び[tempload]対応。
・[backlay]及び[forelay]対応。
・カーソルキー入力対応。
キー入力(十字キーで動くように)はそのうち対応したいですが垂直方向スライダは……何に使うんだ。
 →キー入力対応しました。
これを使ったコンフィグ画面のサンプルは作ろうと思ってます。

説明は同梱してありますが分かりづらいです。
要望・質問あればメールかコメントでどうぞ。
サンプルの極一部にtjs使ってるので全く知らん方には大変かも?
講座カテゴリの方でちょっと解説するかもしれません。

skn_slider_sample.png

更新履歴
skn_slider更新 ver. 1.05
skn_slider更新 ver. 1.04
skn_slider更新 ver. 1.03
skn_slider更新 ver. 1.02
skn_slider更新 ver. 1.01

続きを閉じる▲

タグ : 吉里吉里 KAG TJS プラグイン

カテゴリ : プラグイン配布

skn_slider更新 ver. 1.02

ダウンロードはこちら

skn_sliderプラグイン(スライダ生成プラグイン)をバージョンアップしました。
というよりバグフィックスです。

以下変更点

・セーブにまともに対応していなかったのを修正。
ほとんどテストしていなかったのでひどいことに。

・[setSliderOptions]のenabledが"false"の時、つまみ画像がオンマウスに反応しないように変更。
スライダは動かせないのにつまみ画像だけ反応してるのが変だったので修正。
マウス乗せたりクリックしたりしても画像は通常の状態のままに。

続きを閉じる▲

タグ : 吉里吉里 プラグイン

カテゴリ : 雑記

最新記事
カテゴリ

openclose

記事一覧
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。